奥秩父、三十槌(みそつち)氷柱(ツララ)を観に行きました

2017/02/10(金)
天気:晴れのち曇り
数日前、おかーさんが「芦ヶ久保の氷柱を観に行こうかと」言ったので、私は「芦ヶ久保より以前行った三十槌の方がいいんじゃない」と返事していた。
でもその時は気温が高くなっていたので、ネットで調べていた。そうしたらここんところまた寒さがぶり返してきた。9日はうちの方でも雪が降り良い兆候です。結局この雪は積もることはなかったけど・・・


氷柱とご対面する前に「額縁神社」にごあいさつ。


三十槌の氷柱は自然のものと水をかけて作った人工のものがあります。
これは河原に下りてすぐの天然ものです。


全景。


上流から見た景観。


クーちゃんは寒がりなのでスリングの中に。メイちゃん若い!


ヨーゼフも一緒に。


こちらは水をかけて作った人工のつららです。でも見事です。


ヨーゼフも記念に。おかーさんは「出すな」と言ったけど今年は人が少なかったので・・・


河原で冷えた身体にはありがたいです。コーヒーで中からも暖めました。

この前「三十槌の氷柱」へ行ったのは一昨年
その時氷柱(つらら)の見事さにある種感動しました。
今年は暖かな日が続いた割にはやっぱり見事なものでした。
一昨年は出さなかったヨーゼフの写真も今年は撮りました。
帰りは道の駅「あらかわ」の前の蕎麦屋でそばを食べて帰りました。


日記のページへ トップページへ