青梅の「梅の公園」に行きました

2020/03/11(水)
天気:晴れ
青梅の「梅の公園」は奥多摩川近くの丘陵ちにあります。梅まつりでは約1,700本の梅が咲き誇ります。その梅がウイルスに侵されてるのが2,009年に発見され、徐々に伐採を進めましたが、2,014年にとうとう全伐採になりました。その後2,016年に農水省から植栽を認められ現在に至ってます。
訪れてみて現在の状況はまだまだ数も少なく、元々大きな樹ではありませんが、幼木の域を出てないと感じました。あと何年後かは分かりませんが、いつの日か、山を覆うような時期が来るだろうと思います。


正面入り口で。


紅梅。


白梅。


まだ大きくはない。


みんな同じぐらいの大きさ。


2007年に同じ場所から撮影した写真。
このあと2009年にウイルスが見つかりました。


元気に咲いてました。


ツツジも咲いてます。


水仙も。。


白いツツジも。。


疲れてしまいました。


これは比較的大きな樹でした。

「梅の公園」に2,010年3月以来10年ぶりです。2014年には全伐採したのですから
まだメイは家族にはなってなく、ヨーゼフとクーは今はいません。
時は確実に変化しているのですね。私は腹が出てきて、
私たち夫婦は二人とも古希を超え、山歩きもやめました。
運命とは不思議なものです。
園内にはここに載せた写真以外にサンシュユも咲いてましたが、
カメラに収めるのは忘れました。

日記のページへ トップページへ