ヨーゼフが亡くなって5年が過ぎました

2019/05/07(火)
天気:曇り

昨日、5月6日はヨーゼフの5回目の命日です。
思い出すと悲しい日が今年も来てしまいました

あの、5月とは思えない異常に寒い日を。都心で最高が14℃台、最低が13℃台という
一日でした。その寒い日、ヨーゼフは天国へ旅立ちました。

本当の兄弟のように仲良しのヨーゼフとクーでした。

昨日、メイを連れて、ヨーゼフとクーを連れてよく歩いた八国山緑地を歩いて来ました。八国山から下りて次に北山公園に行きました。北山公園でお昼を食べて帰ってきました。すべて歩くと約6kmあります。
今年は1月22日にクーが16歳で亡くなり、1月22日も悲しい日になってしまいました。
ヨーゼフとクーはずっと一緒だったので、犬種は違うのに本当の兄弟のようでした。
ヨーゼフは聞き分けの良い子でした。クーは臆病だけどヤンチャな性格で天真爛漫な子でした。
でも山へ行った時はちょっと様子が違いました。他の登山者がいないときは、原則ノーリード
で歩かせていたのです。クーは私たちから見える範囲で立ち止まっているのですが、ヨーゼフは私たちから見えないところまで先に行ってしまって私たちを心配させることもありました。そんな大胆なところもあるヨーゼフでした。
ヨーゼフとクーは何処へ行くのも一緒、毎日寝るのも一緒におかーさんの布団でした。
でも、おかーさんが旅行先で怪我をして2ヶ月間入院した時、クーはおかーさんの部屋に毛布を敷いてあげるとそこに寝ていましたが、ヨーゼフは帰宅した1日目から私のベッドで寝ていました。おかーさんが入院して家に帰れないのが分かっていたのでしょう。
今、ヨーゼフは5年近くの一人ぽっちからクーが側にいてくれるので、きっと寂しくはないでしょう。

2019年5月6日はヨーゼフが亡くなって5回目の命日です。

日記のページへ トップページへ