ヨーゼフの17回目の誕生日に思うこと

2019/01/08(火)
天気:曇りのち晴れ
今年もヨーゼフの誕生日が来ました。
もし今も私たちと暮らしていれば、17歳になっています。
しかし淋しいことですが、ヨーゼフは私たちの元に、今は一緒に暮らしていません。
2014年5月6日、日付が変わるころ、ヨーゼフは「僧帽弁閉鎖不全症」と言う病に侵され、私たちを残しひとり天国へと旅立ってしまいました。

今もヨーゼフが我が家に来た時のことは忘れることはありません。小さな小さな、ふわふわな姿のヨーゼフを初めて見た時の感激。この日のことは生涯忘れません。
ヨーゼフはとても元気な子でした。山にも沢山登りました。私たちも山小屋泊り、日本アルプス以外は連れて行きました。ヨーゼフの生き生きとした表情が忘れられません。
今、我が家にはクーとメイがいます。クーは昨年の11月に16歳になりました。メイも今月の27日には9歳になります。ヒトの年齢に換算するとクーは80歳。メイが52歳になります。ヨーゼフがいない今、クーとメイがいてくれるのは私たちには心のよりどころになっています。
ヨーゼフは優しい子でした。きっと天国からクーやメイ、そして私たちを見守ってくれているでしょう。

ヨーゼフが亡くなったのは12歳3ヵ月ですから、クーは遥かにヨーゼフを超えました。メイももう9歳ですが、メイはまだまだ元気です。。
2014年5月6日深夜、ヨーゼフは天国へ旅立ちました。私たちを残し、たった一人で。
今は病気も治り元気に虹の橋で元気に飛び回っていることでしょう。
いつか、私たちも逝くことになります。その時は虹の橋で待っていてくれるヨーゼフと再び会えるのです。

今日はヨーゼフの17回目の誕生日です。

日記のページへ トップページへ